BLOG

レーザー加工例①

こんにちは、

提灯の産地・八女で提灯火袋と家紋シールを製造しているドリーム工房です!

 

今日は、弊社が導入したレーザー加工機で木札への加工例を載せてみます。

DSC_0027

木札はサイズが、小「約・縦8.5㎝×横5.2㎝」と大「約・縦11㎝×横6.9㎝」の2種類あります。

DSC_0029

こちらは、小の木札に文字を彫刻するパターンで弊社仕様にしてみました。

DSC_0028

もうひとつは、弊社仕様が2つも必要ないので、大の木札に
八女でゲストハウス営んである「川のじ」さん仕様にしました。
宿オーナーさんとは、ちょっとした知り合いです!

DSC_0032

ガムのボトルで大きさの比較(小)

DSC_0030

 

同じく比較 (大)

 

今後もレーザー加工例を作っては、載せていきたいと思います。

提灯火袋交換

こんにちは、

提灯の産地・八女で提灯火袋と家紋シールを製造しているドリーム工房です!

 

先日、古くなった提灯の火袋を交換して欲しいとの依頼がありました。
購入された提灯屋さんに依頼するのが一般的なのですが、
提灯が頂物で、どこの提灯屋で買ったのか分からない!などの理由で弊社に依頼される事があります。

弊社が所有している提灯型で作れる提灯なら依頼をお受けすることが出来ます。
また、盆提灯の繁忙期(4月~8月)には、火袋交換の依頼は申し訳ありませんが、お受け出来ません。

 

 

さて、今回依頼の提灯です。
ん~ だいぶ痛んでますね。しかし、これも長年大事に使ってこられた証です!!

家名が真ん中にあって左右に家紋が入っています。

DSC_0295

黒墨の家紋

DSC_0293

薄墨の家紋

DSC_0294

今回、お客様の提灯は一重だったのですが、弊社からいくつか提案した中で、
提灯を二重にして、家名と家紋をカッティングシートで作成する案を選ばれました。

内側の提灯にカッティングシートを貼り付けた状態です。

DSC_0297

黒色のカッティングシートで再現!

DSC_0292

こちらは、薄墨色のカッティングシートで再現!

DSC_0296

 これを外側の提灯(絹張り)にグイッと曲げて入れます。

DSC_0298

あと少し!頑張れー(笑)

DSC_0300

 

あとは、元々の提灯に付いていた加輪などを取り付けて完成!

 

光を入れてみました。

DSC_0305

DSC_0306

DSC_0304

 

光を入れてない写真もパシャリ!

DSC_0388

DSC_0387

DSC_0386

 

房もだいぶ色褪せていたので、知り合いの房屋さんにお願いして作ってもらいました。
右が新しい房です。

DSC_0389

 

西村様、ご依頼ありがとうがざいました!!

リメイク&コラボ

こんにちは、

提灯の産地・八女で提灯火袋と家紋シールを製造しているドリーム工房です!

 

 

先日、倉庫で古いお盆提灯を見つけました。

DSC_0307

開けて組み立ててみると、こんな感じでした。

DSC_0049

何だか火袋のサイズが大きすぎる気がします。

DSC_0048

倉庫に、ずっと保管されていたので、火袋がかなりヘタっています。
全体的に、黄色く変色して、シミも出ています。

DSC_0047

火袋は、ヘタっていますが、他の部分はまだまだ使えるので、修理してみようと思います。
 しかし、お盆提灯を作っても今のところ必要無いので、照明として使えるような物にならないか
試してみたいと思います。

 

・・・・数日後 

突然思いついて、作り始めたので、あれやこれや試しながら制作して・・・出来ました!!

DSC_0247

 形は、提灯なんですけどね(笑)

DSC_0245

絹ではなく、和紙を貼りました。

 DSC_0255

 光を入れたときに、模様が出ればいいなと思い、丸や四角や楕円の形に切抜きをしてみました。
切り抜きした部分を破らないように、火袋を貼るのが思いの他大変でした(汗)

DSC_0253

先日、絣工房を見学して何か提灯と絣でコラボ出来ないか考えていたので、
化粧ガワに久留米絣を使ってみました。
ちなみに、火袋を吊っている紐も絣を染める時に使用する糸を紐にした物です。

DSC_0254

分かり難いですが、火袋の下の部分にも久留米絣を使用しています。

 

DSC_0252

光を入れるとこんな感じです。

 DSC_0265

思っていたより、綺麗に光が漏れ模様が出ています。

DSC_0270

 写真の写り具合で違った色に見えますけど、同じ物です。

1415169922464

1415169926197

娘に、丸や四角ではなく星やハートの模様がいい!!と言われてしまったので(笑)
次回は、星やハートの模様で作ろうと思います。

 

絣工房見学

こんにちは、

提灯の産地・八女で提灯火袋と家紋シールを製造しているドリーム工房です!

 

先日、広川町にある「藍染絣工房 山村健」さんを工房見学をさせて頂きました。
弊社からは、車で15分程で着きました。

DSC_0090

入り口から、趣のある雰囲気です。

DSC_0087

DSC_0089

DSC_0088

 早速、奥様に工房を説明しながら案内して頂きました。

3

たで科の藍を、加工して、すくもという状態にしたものから染料を抽出させるため、
発酵(藍建て作業)させてから糸などを染めるそうです。

無題

1

染めの作業は、午前中に終っていたのですが、運良く息子さんの染め作業を見ることが出来ました(喜)

4

6

5

織りかけの物もありました。

2

DSC_0059

IMG_20141021_113244

糸で縛って染まり具合を調節して、柄を出すそうです。

 7

アップするとこんな感じです。

9

縛って何度か染めた物だそうです。

8

IMG_20141021_113147

 DSC_0063

縛っていた紐も解いて、編み物などに使えるそうです。

DSC_0060

手織りの機械もありました♪

10

手織りの機械の横には、絣の素敵な着物も飾ってありました。

DSC_0075

グラデーションで、何だか光っている様に見えます!!スゴイ!

11

工房の後は、お宅にお邪魔して色々な(本当にたくさんの)絣を見せていただきました。

DSC_0078

どこを見渡しても、絣・絣・かすり・・・  スゴイ!!

DSC_0080

DSC_0079

12

とっても美味しい お茶とお茶請けを頂きながら、帰宅されたご主人(山村健さん)と奥様のお二人と
絣の話はもちろんですが、伝統工芸の今後の話や色々なお話をして、とても楽しい時間でした。

DSC_0083

見るもの、聞く話すべてが素敵で夢中で見聞きしていると、もう一杯お茶を頂いてしまいました。
お茶請けまで(汗)

DSC_0086

お昼過ぎにお伺いしたのですが、帰る頃には17時を過ぎていました。
楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいますね。

山村さんご夫婦とお話をして、元気と意欲を頂きました。
折角、久留米絣の良さを実感出来たので、
何か、提灯と久留米絣のコラボレーション出来ないか、考えてみたいと思います。

 

山村さん、本当に長い時間お邪魔しました。

 

 

 

ロールシート(塩ビ)の包装

 こんにちは、

提灯の産地・八女で提灯火袋と家紋シールを製造しているドリーム工房です!

 

時々、お客様からシートの包装について質問があるので、ブログに投稿してみます。

 発送は、このような箱に入った状態でお送りします。
DSC_0003

 

箱を開けてみると、こんな感じです。

IMG_20140807_173251

 

箱の中は、このようにシートにキズが入りにくい様になっています。

  IMG_20140807_173413

 

包装紙を開封すると、シートが出てきました。

IMG_20140706_174841

 

弊社は、このシートを年間80~100本程使用します。
在庫を積んで保管出来るので、このような箱に入っていると、とても便利です。
以前は、箱に入って無いシートを使用していたので、在庫の保管が大変でした(笑)

 

ザッと説明しましたが、何となくでも包装の感じが伝われば幸いです。